2007.03.17

ナナ・ムスクーリ

洋楽を聴きたくて、ショップで色々見ていたのですが、名前に見覚えが…。

私が手に取ったのはベスト盤だったのですが、裏を見てみると、曲名にも見覚えが…。

曲名は「オンリー・ラブ」。
(あ、もちろんクラシック曲やビートルズの曲とかもあるので、それらも見覚えはあるんですが)

この曲、おそらく地元局で流れている番組で使われてるんですよね…。1分くらいの環境番組(?)で。

実際聴いてみても、その通りでした。おおー記憶に間違いなかったぜ。

知った曲も多かったし、個人的に当たりでした。

アランフェスって、こう(ARANJUEZ)書くんだ…と思った今日この頃。

| | Comments (0)

2006.11.17

NOTHING'S GOONA CHANGE MY LOVE FOR YOU

今朝、レガシィのCMで鈴木雅之氏が歌っているのを聴いてびっくりしました~。

自分は80年代後半に出た、グレン・メディロスが歌っているのをCDで持っているんですけど。

レガシィの公式サイトで60秒バージョンのCMを見ることが出来ます。
http://www.subaru.co.jp/legacy/cm_making/

| | Comments (0)

2006.06.13

「白虎野」平沢 進

先日、ITmediaでインタビューが載っていて、久しぶりにサイトを見てみたら、2月にアルバムが出ていました…。

メジャーレーベルでは出していないので、私の住んでいる田舎ではめっきりCDを見かけなくなってしまい、情報に疎くなってしまってますね。
せっかくネット環境があるってのに。

ってことで、早速ネットで購入。楽しみだな~。

そう言えば、千年女優と妄想代理人のサウンドトラックどうしようかなぁ…いつも迷うんだよなぁ…。

| | Comments (0)

2004.10.21

平沢 進&P-MODEL

最近CD買ってませんが、少し前は基本的に流行りものを適度に聞く感じでした。それ以前は、結構いろんなCDを積極的に聞いていた事もありましたが。
(これ以前に購入したのって、以前日記に書いた姫神のボーカルベストですわ…姫神さん、亡くなられてちょっとショック)

マイナーどころで気に入って追っかけていたのは、135とこの平沢 進さん(&P-MODEL)くらいですかねぇ。

地方ではあまり扱っていなくて、たまに東京のでかいCD屋に行ったら結構真剣に新作を探していたりしましたが、最近はネットでラクラク(^^)。

なんというか…くせになるんですよねー。
不思議な音と声、そんでもってちょっと妙ちくりんな歌詞(笑)。

Amazonで検索していて気が付きましたが、平沢さんって「千年女優」「妄想代理人」(と言うアニメ)の音楽も手がけていらっしゃるんですね。
買おうかどうか迷うなぁ…。
「ベルセルク」(元はマンガだと思いますが、これはセガのサターンだかドリキャスだかのゲーム)の時にはサントラ購入したんですけど…。

<今回購入したのはこの3点>

「BLUE LIMBO」平沢 進
「ゴールデン☆ベスト」P-MODEL
「ビストロン」核P-MODEL

135もいくつかCD(アルバムじゃなくてシングルっぽいなぁ)出てるので購入してみようっと。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.08.08

姫神 voices-Best 蒼穹の声

目的は「愛を越えて」。
知っている人は知っている、ゲーム「幻想水滸伝3」のOPテーマです。

「愛を越えて」目的と言いつつも、ゲームのサントラの方は買ってないあたりが正直です(笑)。まあこちらは他に「神々の詩」とか入ってるので。「森渡り」も聞いたことありましたが、これもテレビで流れてたなぁ…。

「愛を越えて」の歌詞がよくわからないと思ったら、縄文語(弥生語だったかな?)とか言うのを想像(&創造)して書かれているそうですね。
歌詞が「なーこめーななーこめー」って、何…?と思ってました(笑)。

「幻想水滸伝4」のOP曲はcobaさんですが、この方のアルバムは一枚くらい持っていた気が…します。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.04.10

女子十二楽坊コンサート

行って参りました。
実は、CD一枚も持っていないのですが(すみません…)、結構聴き覚えのある曲もちらほら…彼女たちの露出の多さを改めて感じました。

そして、中国ものということで(こーゆーくくりもどうかと思うが)「135」を思い出して懐かしい気持ちに。
あーCD聴きたくなってきた。

最近コンサートなんて全く行っていなかったので(えーとえーと、ちゃんとした会場なんて、10年くらい前のa~haくらいか?)、そういう意味でもえらく新鮮に感じました。
そして、客の年齢が高く、全然立たないのも新鮮でしたね(笑)。

| | Comments (0) | TrackBack (0)