« アニメの話 | Main | まだ雪風の話。 »

2008.05.19

またアニメの話だ

「戦闘妖精雪風」

http://www.faf.jp/

原作は読んだことありました(すっかり内容は忘れていたので再読しましたが)。

アニメがあるのは知っていたのですが、これも(存在を)すっかり忘れてました。勿論見たこともありませんでした。

動画サイトでふとMADを見つけて、あまりの映像の格好良さにびっくりして思わずアニメも買って見てしまいましたよー。

基本的には戦闘機(ロボットもですけど)には思い入れはないので、こだわりもないのですが…。
(自分の父親なんかは戦闘機大好きです。今でも時々雑誌等買ってるのを見ます)

空戦の映像はめちゃくちゃ格好いいと思います。戦闘機好きな人の気持ちがちょっとだけわかりました。

***

キャラクターのイメージや声優さんなんかはあまり気になりませんでした。
というか、零の声は結構好きかも。知らない名前の方だったのでちょっと心配だったんですが…。
アニメと小説では零の性格が違って、アニメの設定からすると多少棒読みっぽくてもいい感じに思えましたし。

零のキャラに関しては、そんなに引っかかるところはありませんでした。

あ、1話の査問会での「雪風が言ったから…」みたいな子供の言い訳かよ!な口調は気になりましたが(笑)。
無口で内向的な性格とは言っても、ああいう場所での言葉遣いはきちんとしていて欲しかったなーと思うところはあります。

少佐は…ちょっといやかなぁ。公私混同(というか、えこひいき)甚だしいのはすっげー気になりましたね。

1話の、零の捜索を特殊戦全機参加させる勢いだったときには見るのがしんどくなり思わず早送りしそうになりましたよ(2回目見るときはここ飛ばすと思います…)。あの眼鏡のオペレーター君も可哀想でした。

ですが、1話でげんなりしたせいで耐性が出来たのか、その後はあんまり気にならなくなりました(笑)。

エディスのスカートのスリット(の深さ)はやりすぎだと思いました。
足組んだとき「おいおい」と画面に突っ込んでしまいましたよ…。

そう言えば特殊戦に女性パイロットいますよね。
顔見たかったなぁ…ラストのブリーフィングで零の後ろにいる女性がそうなんでしょうか。


ストーリーは、あまりに端折りすぎで、小説読んでない人からすれば「あれってどういうこと?」と思うまもなくずんずん進むし、読んでる人は読んでる人で端折り具合がわかるだけに「えー、ここがこれって足らないよー」と思ってしまうかも。

ラスト…というか、第5話のストーリーは原作と違いますが(って、原作はまだ続いていますが)、これはこれで結構好きです。
ラスト自体はちょっとこれってどういう風に取ればいいんだろう、と疑問を持たせる感じでしたが…(回想なんでしょうか…)。

小説を零と雪風の交流目当てで読んでいた自分からすれば(だからどちらかというと、1冊目よりは2冊目のグッドラックの方が好き)、アニメの零と雪風の交流はもっと欲しかったな、と思います。

ラストの信頼関係があんまり実感できなかったので。

個人的には結構好きな戦術コンピュータの出番(会話)が少なくて残念でした(笑)。

***

これから2回目見直そうと思いますので、もしネタがあれば各話感想でも書きたいと思います。

|

« アニメの話 | Main | まだ雪風の話。 »

Comments

The comments to this entry are closed.